読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

urusukuのブログ

とりあえず、思うがままに書いてみます。

『気を付けてね。』

休日の昼、ラーメンを食べに行きました。

近所にあるボリュームたっぷりのチャーシューメンが名物の店で、

TVの取材も何度か受けているらしく、

店内にはいくつかタレントさんのサインも並ぶお店です。

 

私が店を出るとき、たまたま他の客はいなく、

店内には店番をしているおばちゃんと、私だけだった。

 

「ごちそうさまでした。」といい、私は席を立った。

 

『ありがとうございました。気を付けてね。』とおばちゃんは返した。

 

そして、ドアをくぐるとき、

おばちゃんは念を押すように『気を付けてね。』といった。

 

『また来てね。』とかではなく、『気を付けてね。』である。

再掲するが昼のことであり、辺りが暗いわけではない。

 

「このおばちゃんには何か見えているのだろうか...」

逆に不安になりながら私か帰路についた。

 

 

 

 

その数分後、私は無事に帰宅できた。

おせっかいは時に意味深になるようです。

『新聞ってつまらない』をなくす方法

4月から仕事を始めた人や、就活真っ只中の学生さんにとって

絶対的に「やった方が良い」を思いながらも

なかなかできないこととして『新聞を読む』というのがあると思います。

 

日本で起きてる難しい話や知らないどこかの偉い人の話が

大きな紙面にぎちぎちに詰め込まれた活字で載っていて、

全然楽しさを見出せなかったりしますよね...

 

物事を楽しむのに大事なこと

月並みな言葉ですが『自分ゴト化』できると

新聞も多少は楽しくなると思います。

 

新聞記事を『自分ゴト化』する方法

世間で起きたことを自分に関係あることとする際、

おススメなのが『投資』です。

 

投資を行えば、世間の動きが自分の資産に与える影響が大きくなります。

誰もが損はしたくないのでいかにして得する投資先を見つけるか、

頑張って世間の動きを知ろうとします。

 

実際に私がそうで、以前は新聞がめちゃくちゃつまらなかったのですが

最近では一通り目を通すのが楽しくなっています。

 

意外と、投資は簡単にできる

投資といっても、いろいろあります。

株を買ったり、実物資産としてマンションや金を買ったり...

ただ、そんな投資は初期投資として大きなお金が必要なことが多く、

とてもとても手を出せない...

 

のですが、

投資信託を利用すると数千円から投資ができます。

 

投資信託について説明すると長くなるので詳細はこちら

そもそも投資信託とは? - 投資信託協会

 

私が始めたのもこの投資信託

若い世代にとっては少ない元手でいろんなところに投資できますし、

自分なりの戦略が考えられて結構楽しめています。

 

興味を持った方はぜひ、投資信託について調べてみてください。

 

まとめ

  • 新聞も、自分ゴト化するとつまらなさが薄れる。
  • 投資をすると、世間の動きが自分に関係あることになる。
  • 少ない元手から始められる投資信託なら20代からでもスタートしやすい。

ニーズの存在を示すということ。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160525-00
zasshi.news.yahoo.co.jp

すごく共感できるというか、
同じようなことを考えてたりするんですよね。

というのも、
そこまで頻繁に行かない程度ながらも
贔屓にしてた店がここ一年で2・3ヶ所ほど
閉店してるんですよねぇ…

それを知った時に思うのは
『なんで閉まっちゃうんだろう』よりも
『もっと利用して、広めれば良かったなぁ』
なんですよね。

元記事のコメントだと
店の努力不足だなんだと書かれてますが、
大事なのは
『閉店してほしくない店に客として何ができるか』ですよね。

他のことにも言えたりする

最近よく俎上に上がるのは音楽業界。
Youtubeや違法ダウンロードで済ませたりする。
違法ではないけど、
アルバムで買うと高くても
一曲単位だと安く買えたりする。

でもそれだと
アーティストにはあまり儲けが入らず、
次の曲が作れない、ライブができない、
最悪の場合は活動が続けられない!
なんてことになる恐れも、
もちろんあるわけです。
確かスガシカオもそんな旨をツイートしてましたね。

無くなったら困るモノ・コトには
お金なり、場所なら訪問なり、TV番組なら視聴なりで
相手に伝わる形で思いを示す必要があるわけです。

最後に

ちょっとでも共感してくれた方は、
ご無沙汰だったお店に行ってみてください。
悪いことはないはずです。

余談ですが…

そういえば、
高校生のころに書いたラブレター、
あのコはちゃんと読んでくれてたんだろうか…

『誰に似てる?』って話題で

女性の後輩に対して、
あのエアバンドのボーカルを挙げたことがあります。

そしたら、その他の皆さんから
笑いながらですが軽く避難されました。
『もう少し気を使え』だとか
『そういうとこがダメなんだ』とか

女性に対して、
男性に似てると言うのは基本的にNGなんですね。

逆だとそうでもないのになぁ。

こういうことって結構ありますよね。

だから、個人的に気をつけてるのは
発言の中で男女を逆転させても
違和感が出ないか、ということ。

そこに気をつけておけば、
ジェンダー的な観点を
比較的フラットに見れるのではないかと思ってます。

新しきに触れるということ。

G.W.に日本を沸かせたニュースといえば

サッカーの岡崎選手が所属するレスターのプレミアリーグ制覇。

 

そんな裏で入ったのがこんなニュース。

 

news.livedoor.com

 

91歳にしてパソコンを駆使し、

2ちゃんねるに入りびたり、孫のために戦う。

 

このバイタリティ、すさまじいですよね。

もしかしたら岡崎選手のエネルギッシュなプレーはおばあさん譲りかも。

 

歳をとっても新しい文化に積極的に触れる、

そんな精神を携えていきたいですね。

謙遜の向こう

人から褒められた時、どういう返答をしますか?
受け入れると角が立つ気がして、
「いやいやいやぃゃぃゃ」と謙遜する人は多いのではないでしょうか。

そんな、褒められたときの対応について
私と同じ意見を持っている記事を見ました。

togetter.com

私も、学生時代から
「褒められたことの否定」=「相手の感性の否定」だと思い、
お褒めの言葉へは『ありがとう』と返すようにしています。

個人的な実感ですが、
こっちのほうが楽です。

相手が本気で褒めている場合は誰もダメージを受けませんし、
相手が冗談だった場合も「否定しないのかよ」と
和やかなムードになります。

謙遜も素晴らしい姿勢なのかもしれませんが、
たまには素直に受け入れてみてどうでしょうか。

ちょっと違った景色が見えるかもしれません。

眼鏡のイノベーション

何でもかんでもコンピューターとつながり、

インターネット上には情報があふれ、

油断するとすぐに個人情報が知れ渡ってしまう世の中。

 

なんだか辟易しちゃいますよね。

 

そんな中、眼鏡生産の中心地、福井県鯖江

カメラの顔認識機能を防ぐ眼鏡が開発されたようです。

 

伝統的な技だけでなく、新たな技も取り入れるからこそ

鯖江がずっと眼鏡の産地として輝き続けているのかもしれません。

 

そして、

我々を守ってくれる眼鏡がこれです。

 

mainichi.jp

 

うん...

これをかけてる人は怪しい人だと思います。